×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

三国志の好漢達

文責:子路(当時高2)

 

 さて、表題の通り三国志の人物について書こうと思うのだが、詳しい説明などをするのではなく、自分の好きな武将のことを自由に書いていこうという趣旨なので、三国志に詳しい人、三国志を少しだけかじったことのある人、そうでない人も肩の力を抜いて楽に読んでみてください。

 

私の好きな武将 NO.1 呂布奉先
私の好きな武将 NO.2 禰衡正平
私の好きな武将 NO.3 簡雍憲和

 

 以上、ざっと書いてしまいましたが、実のところほかにも書きたかった武将がいます。劉備の義兄弟・張飛や蜀の名将・趙雲(ちょううん)、曹操の四男で長男の曹丕(そうひ)に殺されかかったが、見事な詩を読んで危うく難を逃れた曹植(そうしょく)。蜀の滅亡まで生きたという元黄巾賊の廖化(りょうか)や、俗物には白眼視で応じ、自分が認めた者に対しては青眼で見たといわれる清談家・阮籍(げんせき)、などなど。
 三国志を読んでいくにあたって、自分なりの読み方や共感の仕方があると思います。そして劉備、諸葛亮といった有名どころだけでなく、マイナーなキャラでも実はこんな奴だったんだー、という発見や感動があったりします。
 読者の方々も、自分なりに共感できる人物を見つけてみてはいかがでしょうか。